2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【安価ラブライブ】凛「かよちんを卒業するにゃ!」【SS】

kage

2014/10/25 (Sat)

1: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 12:19:41.97 ID:lM4NiuSw

凛「いつも凛はかよちんに頼ったり甘えてばっかりだってことに気づいたよ!」

凛「それだとかよちんが迷惑だと思うにゃ!だから凛はかよちんを卒業します!」

凛「でも急に離れるのはちょっと凛もできそうにないから…」

凛「>>3をすることから始めるにゃ!」


31: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 13:26:15.33 ID:lM4NiuSw

凛「まきちゃーん!」

真姫「…?…!!」ダッ!

凛「あー!なんで逃げるのさー!」

真姫「モゥサワサレルハイヤダモゥサワラレルノハイヤダ…」

朕「でも凛のほうが速いにゃー!まきちゃんつかまえたー♪」

真姫「うっ…うぅ…もうやめて下さい…お願いします…」

凛「もーまきちゃん!凛はもうスリスリしないよ!」

真姫「ほんとに…?」

凛「うん!だあら凛の相談にのって欲しいにゃ!」

――相談中――

真姫「ナニソレイミワカンナイ」

凛「えーそうかにゃー」

真姫「私からみても別に花陽は凛のこと迷惑に思ったりなんてしてないと思うわ」

真姫「まぁでもこれからのことを考えたら花陽に甘えすぎなのも確かに問題ね」

真姫「いっそ>>35とかしてみたらどうかしら」


4: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 12:24:02.28 ID:PFFKg0jc

おい














おい


5: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 12:27:39.96 ID:lM4NiuSw

凛「おーいまきちゃーん!!」ダキ

真姫「ヴェェェ!?/////ちょっと凛!ハナレナサイヨ!」

凛「まっきちゃーん♪まきちゃんまきちゃーん♪」スリスリ

真姫「チョ、ちょっと凛!いい加減にしてよ!」

凛「まっきちゃーん♪」

10分後

真姫「」

凛「にゃ~真姫ちゃんを堪能したにゃ!」

凛「これで凛もちょっとはかよちんを卒業できたかな?」

凛「次は>>10をするにゃー」


14: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 12:41:56.79 ID:lM4NiuSw

凛「まーきちゃん♪」ズイッ

真姫「ひっ…り、凛落ち付いて…」ガクブル

凛「駄目だよー安価は絶対だもん♪そーれーにー」

真姫「?」

凛「真姫ちゃんの反応かわいいんだもん♪まーきーちゃーん!」ガバッ

真姫「ヴェエエ!」

――しばらく後

凛「いやぁ真姫ちゃんかわいかったにゃー」

凛「でもこれ以上はかわいそうだからもうやめるにゃ」

凛「んあれは>>15ちゃんだ!>>15ちゃーん!」

次から不正(?)というか連コメして取ってたら安価下で


15: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 12:42:28.35 ID:lM4NiuSw

近かったから再安価>>18


20: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 12:52:54.13 ID:lM4NiuSw

凛「ことりちゃーん!」

ことり「んー?あー凛ちゃん♪どうしたの?」

凛「今ね!凛ね!かよちんを卒業しようとしてるんだにゃ!」

ことり「そ、そうなんだ…喧嘩しちゃったの?」

凛「ちがうよ?かよちんとは仲良しさんだにゃ!でも、凛がかよちんに
甘えすぎて迷惑かけてる気がしてきたんだよ」

ことり「そんなことはないと思うけどな~凛ちゃんといるときの花陽ちゃん
とっても楽しそうだもん♪」

凛「それでもにゃ~…」

ことり「う~ん…あっそれなら>>23とかしてみたらいいんじゃないかな?」


26: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 13:06:43.18 ID:lM4NiuSw

ことり「花陽ちゃんの田んぼに凛ちゃん雪だるま発進すればいいんじゃないかな?」

凛「え?でも今秋だし、それにかよちん田んぼは持ってなかったよ?」

ことり「あっ、あははそうだよねごめんごめん(流石に下ネタは分からないかぁ
分かられても困るけど…)」

凛「変なことりちゃんだにゃー 」

ことり「う~ん…それだと私じゃ力になれそうにないかなぁ」

凛「そっかぁ…でもありがとにゃことりちゃん!じゃあそろそろ凛はいくね」

ことり「うん!あ、そうだ>>28ちゃんならいいアドバイスくれると思うよ!」

凛「わかったにゃー!…よーし早速>>28ちゃんのところにいくぞー」

りんぱなには健全なままでいてもらいたい(願望)
あとまきちゃんどんだけ好きなんだよ


37: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 13:38:24.33 ID:lM4NiuSw

真姫「一度喧嘩してみたらどうかしら」

凛「喧嘩?かよちんと?」

真姫「ほかに誰がいるのよ…」

凛「でもかよちんと喧嘩なんてしたく無いにゃ…」

真姫「甘いわ!もぅことりのマカロンよりあまあまよ!」

凛「えぇ!?」

真姫「花陽を卒業するんデッショー!?それならば喧嘩のひとつぐらいしてきなさい!」

凛「言ってること無茶苦茶だにゃー…」

――――――

真姫「ほら凛!花陽を連れてきたわよ!」

花陽「えっと…凛ちゃんどうしたの?」

凛「かよちん…>>40


43: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 13:49:27.47 ID:lM4NiuSw

凛「かよちん…今すぐ100万円寄越すにゃ!」

花陽真姫「!?」

真姫「(何言ってるのあの子!?高校生になって初めて聞いたわよ
そんな脅し文句!)」

花陽「りんちゃん…」

凛「どうしたのかよちん!?さっさと持ってくるにゃー!言っとくけど凛は
本気だよ!分かったらすぐ持ってこいにゃー!」

花陽「りんちゃん…ごめんね…?」ギュッ

真姫「ヴェ?」

凛「!?」


44: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 14:01:09.34 ID:lM4NiuSw

凛「なんで泣いてるのかよちん…」

花陽「凛ちゃんが…そんなに追い込まれてるなんて花陽全然気づかなかったよ…」

花陽「ずっといっしょにいたのに…ごめんね…ごめんね…」

花陽「お金は…花陽そんなに持ってないけど…」つ財布

花陽「これが今の花陽が持ってる全額だよ…これじゃ絶対に足りないけど少しでも
足しになると思う」

花陽「凛ちゃん…花陽はもっと早く言ってほしかったな…そんなに力には
なれなかったかもしれないけれど…ごめんね本当に…」

凛「…なさい」

花陽「え…?」

凛「かよちんごめんなさいにゃー!!!」


46: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 14:16:12.24 ID:lM4NiuSw

真姫「あのあと私と凛は花陽に謝罪したわ」

真姫「花陽は『凛ちゃんが借金してるとかいじめられてるのかと思ったけど違って
良かった』と言ってたわ。それを聞いて凛は泣いていたけど」

真姫「あれから凛と花陽は今まで以上に仲良くなったわ」

真姫「花陽を卒業はできなかったけれどこれで良かったんじゃないかしらね?」

おわり


48: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 14:26:53.05 ID:lM4NiuSw

くぅ~疲れましたw これにて完結です!

実は、安価SS書いてみたいなぁと思ったのが始まりでした

本当は話のネタなかったのですが←

この思いをを無駄にするわけには行かないので流行りのりんぱなで挑んでみた所存ですw

以下、りんちゃん達のみんなへのメッセジをどぞ

凛「みんな、見てくれてありがとうにゃ!

にゃーが多かったのは・・・気にしないでね!」

花陽「みんなありがとう!

私の凛ちゃんのかわいさは二十分に伝わったかな?」

真姫「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

ことり「見てくれありがとう!

正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

絵里「・・・ありがと」チカァ

では、

凛、花陽、真姫、ことり、絵里、朕「皆さんありがとうございました!」


凛、花陽、真姫、ことり、絵里「って、なんで皇帝が!?

改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当にりんがべー


50: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 15:40:16.35 ID:HTfGcqSG

フレのssと聞いて来たら終わってた


51: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 18:56:28.16 ID:RC9urBuM

スレタイが
凛「かよちんで卒業するにゃ!」に見えた


55: 名無しで叶える物語 2014/10/25(土) 19:54:05.64 ID:Np6V89QK

凛ちゃん患者エンドかと


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。